契約社員でもお金借りる方法

安心してくださいっ!契約社員でも、もちろんお金借りれますよ!

契約社員

契約社員の方は、安定した収入があるので、問題なくお金を借りることが出来ます。急な出費で、今すぐにお金が必要ならば、キャッシング・カードローンが大変便利です。このページでは、契約社員の方にもご利用頂ける人気のカードローンを紹介しています。


当サイトユーザー申し込みランキング

カードレス

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
WEB完結なら、全ての申込みがWEBで完結します。しかし、何かわからないことがあれば、電話でオペレーターが丁寧に対応してくれます。女性のオペレーターが対応してくれるプロミスレディースは、男性でも利用できる人気のサービスです。女性オペレーターのプロミスレディースをご希望の方はこちらです。

↓※男性の方もご利用頂けます。↓
プロミスレディースの詳細はこちら>>

\今すぐ借りたいならプロミス!30日間金利0円/
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

最短即日

◎アコムの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社
お金を借りるならアコムが断然オススメ!三菱UFJフィナンシャルグループなので、はじめてお金を借りるという方も安心のカードローンです!男女問わず、多くの方に利用されています。
\最短1時間で融資可能!30日間の金利0円!/
アコム公式サイトへ
アコムの公式サイトへ

LPバナー 200x200

◎SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCモビット
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

\30代以上の方に多く申し込まれています/
SMBCモビットの公式サイトへ
SMBCモビットの公式サイトへ

新生銀行カードローン レイク

◎新生フィナンシャルレイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
即日のお振込みをご希望の場合は、平日14時までのお申込みと本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。
\Webで最短60分融資も可能!/
新生銀行カードローン レイクの公式サイトへ
新生銀行カードローン レイクの公式サイトへ

消費者金融と銀行のカードローンの違いとは?

契約社員でも、カードローンでお金を借りれないということはありません。実際に契約社員でも借入れしている人もいますし、アルバイトやパート、お勤めをしていない専業主婦もカードローンを利用しています。ただし、カードローンの申込みをするにあたって、「貸金業者のカードローン」と「銀行カードローン」の違いは理解しておかないといけません。

貸金業者というのは、貸金業法の規定に基づいて設立された金融機関のことです。消費者金融やクレジットカード会社、信販会社、保証会社などが貸金業者になりますので、これらの業者は、すべて貸金業法の規制を受けていることになります。 貸金業法では
  • 1.貸付してもよい上限額
  • 2.収入証明書で返済能力を調査するとき
  • 3.提携ATMを利用したときの手数料
などについて、細かく規制しています。

まず、融資が認められている上限額は、借入れする人が「お金の借り過ぎ」にならないための規制です。無条件に貸付をしてしまうと、「毎月、金利だけしか返済できない・・・。」という状態になり、ずっと、そこから抜け出せなくなるからです。

同じ理由から高額融資をする際には、年収を証明する書類で、しっかりと「返済能力があるのか?」を調査しなければならないことになっています。
※貸金業者が収入証明書の提出を求めるとき
  •  1.希望額が50万円を超えている
  •  2.貸金業者からの借入残高の合計が100万円を超える希望のとき
    ※貸金業者の提携ATM利用で発生する手数料
  •  借入額・返済額が1万円以下:108円
  •  借入額・返済額が1万円超:216円

ところが、銀行は、貸金業者ではありませんので、それぞれ独自の基準で「融資の限度額」、「収入証明書を提出するとき」、「提携ATMの手数料」を決めています。契約社員の方は、まずは、消費者金融の規制について理解し、消費者金融が利用できれば「消費者金融か銀行」、利用できなければ「銀行」のカードローンからサービスを選ぶようにしてください。

契約社員でも借りれないことってあるの?

契約社員がカードローンに申し込んでも、残念ながら審査にとおらないことがあります。お金を借りることができない原因として考えられるのは

  • 1.信用情報機関に事故情報が登録されている
  • 2.年収に対する希望額が多すぎる
  • 3.短期間に複数社のカードローンに申し込んだ
  • 4.過去に過払金の返還請求をした
などになります。

まず、最も審査にとおりにくい原因としては、ことです。
  • 過去に延滞の履歴がいくつも残っている
  • 現在、延滞中である
  • 債務整理の記録が残っている
  • 債務整理、契約見直しの記録がある

このような記録が残されていると、やはり、審査でマイナス評価となってしまい、お金が借りられない原因になることがあります。

次に年収に対する希望額が多すぎると、やはり、あまりよい印象はありません。希望額は、必要最小限、どうしても必要としている金額だけを伝え、利用中に限度額を上げていくのが上手な借りかたです。

また、短期間に複数のカードローンに申し込んでしまうと、いわゆる、申込ブラックの状態になることがあります。過去のカードローンの申込情報は、最高で約6か月間は、信用情報機関のデータベースに保有されます。あまりに、たくさんのローンに申し込んでいるのを見れば、警戒してしまうのは当然ですね。

最後に、過去の過払い金の返還請求をしたことがある方は、絶対に「請求した金融機関のカードローン」には申し込まないでください。過払い金は、法律上は、変換してもらえるお金ですが、やはり、金融機関にとっては、良い気がしないものです。過払い請求したカードローンに申し込まないのはもちろん、別系列のカードローンに申し込むことが重要です。

契約社員が借りれる限度額ってどのくらい?

上でも少し説明しましたが、貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社)が融資できる上限額は、貸金業法によって決まっています。貸金業法では、「年収の3分の1」を超える貸付を原則として、禁止しています。例外的に年収の3分の1超の融資が認められている取引もありますが、例外貸付をしている貸金業者は、ほとんどありません。

つまり、プロミスやアコム、アイフル、モビットなどから借り入れできるのは、合計で最高でも年収の3分の1までです。年収300万円の契約社員なら100万円まで、450万円あるなら150万円までが法律上の限度額となります。

もっとも、カードローンの審査で考えられているのは、年収に対する融資額の割合いではありません。いくら返済できるかです。

たとえば、毎月25万円の範囲内で生活をしている、  Aさん:年収312万円(毎月26万円の収入)
 Bさん:年収468万円(毎月39万円の収入)
2人の契約社員がいたとします。 Bさんの年収は、Aさんの年収の1.5倍ありますが、毎月の返済に充てられるお金は
 Aさん:1万円
 Bさん:14万円
となり、ローンの返済に充てられるお金の余裕では、BさんはAさんの14倍ある、ということです。一概に給料が2倍なら限度額も2倍ではなく、返済に回せるお金がいくらあるのか?で限度額は決まっています。

審査で注意したい在籍確認!

カードローン審査では、契約社員でも在籍確認を避けることはできません。在籍確認は、申込時にカードローン会社に伝えた「お勤め先の情報」が正しいかどうかを確認するための手続きです。一般的な審査の在籍確認は、担当者が個人名で勤務先に電話をかけ、「○○さんをお願いします。」とたずねる方法で行われます。

このときの確認電話で勤務先に「お金を借りることがバレる!」と思うかもしれませんが、実際は、「個人名」で名乗りますので、バレる心配はありません。

もし、なんらかの事情で、どうしても電話は困る・・・というときは、申込みが完了したら、すぐにオペレーターに電話で相談することをおすすめします。このような在籍確認の相談は、非常に多くなっていますので
  • 健康保険証(社会保険証)
  • 給与明細書(お勤め先が分かるもの)
の提出で、在籍確認の代わりとしてくれることがあります。

カードローン会社は、あくまでも、お勤め先の情報が正しことを知りたいだけですので、他の方法で確認できるときは、柔軟に対応してくれることもあります。また、在籍確認の電話は、本人が不在でも問題ありません。「本日は、お休みをいただいております。」といった、在籍している反応があれば、それで十分だからです。