お金借りる,低金利

低金利でお金借りる具体的な方法

お金を借りるときは、少しでも低金利で借りたいと思います。知人や親兄弟から無利子で借りられればいいですが、そうでないときは、次の5つの方法を検討してみてください。
  • (1)銀行カードローンでキャッシング
  • (2)消費者金融のカードローンで短期借入れ
  • (3)無利息の消費者金融で借りれ
  • (4)市役所・ろうきんからお金を借りる
  • (5)日本政策金融公庫からお金を借りる
上にあげた低金利でお金を借りる方法には、それぞれ、メリットやデメリットがあるのも事実です。少しでも自分の状況に合った借入方法を検討するようにしてください。

アコムなら、30日間無利息期間がついています。短期間だけ借りたいという方に喜ばれていて、30日以内に返済すれば、利息がかからないので、これが最も安い金利であると言えます。
アコム

最短即日

◎アコムの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社
お金を借りるならアコムが断然オススメ!三菱UFJフィナンシャルグループなので、はじめてお金を借りるという方も安心のカードローンです!男女問わず、多くの方に利用されています。
\最短1時間で融資可能!30日間の金利0円!/
アコム公式サイトへ
アコムの公式サイトへ

銀行のカードローンでお金借りると低金利って本当?

銀行のカードローンは、消費者金融のカードローンよりも低金利です。消費者金融の多くは、利息制限法の上限利率の年率18%近くの金利を設定しています。これに対して、銀行カードローンは、15%以下の低金利で借りれることも多く、10%以下のローンもあるくらいです。

たとえば、10万円を30日間借入れしたときの利息の違いを「年率18%」と「年率10%」で比較すると
  • 年率18%:10万円×0.18×30日÷365日=1,479円
  • 年率10%:10万円×0.1×30日÷365日=822円
となり、1か月で利息が650円も違うことが分かります。

お勤めをしていない専業主婦が利用できる銀行カードローンもあるほどです。低金利でまとまったお金を借りたいときは、まずは、銀行カードローンを検討するのがおすすめです。 しかし、銀行カードローンは、金利が低いから誰にでもおすすめ、というわけではありません。

銀行カードローンにデメリット(問題)があるとすれば
  • 1.審査が消費者金融よりも難しい
  • 2.ローンの返済額が少ないことがある(返済期間が長くなる)
の2つです。

まず、カードローンの金利が低いということは、融資をする銀行の立場で考えると、「少ない利益」でサービスを提供していることになります。よって銀行は大きな利益が取れません。自動車ローンや住宅ローンのような担保もありませんので、必然的に信頼のある利用者だけが審査に通るなど利用者の制限がある(審査の難易度が上がる)のがデメリットといえます。 また、一部の銀行カードローンでは、約定返済額をとても少なく設定していることがあります。返済額が少なければ、「家計への負担が少ない」と考えられますが、同時に「返済期間が長くなる」ことになります。 毎月の返済金額を自分で決定し、その計画に基づいた返済をしていく「強い意志」がないと返済期間が長くなることがある点に注意が必要です。

カードローン名 年利 限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 10~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% 700万円
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 10~1,000万円
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円
じぶん銀行カードローン 2.4~17.5% 10~800万円
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 800万円
オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% 30~800万円
オリックスカードレスVIP 3.0~16.6% 30~800万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 1.89~7.99% 10~1,000万円

消費者金融のカードローンの無利息期間って何?

消費者金融のプロミスやアコム、アイフルなどには、『無利息期間』のサービスがあります。カードローンの無利息期間は、「借入日(契約日)から一定期間の利息を0円で計算する」というものです。

たとえば、初回の借入日の翌日から30日間の利息が0円になるカードローン(年率18%と仮定)で、50万円を借入した場合、本来であれば、
  • 50万円×0.18×30日÷365日=7,397円
の利息が発生します。30日間無利息となるカードローンなら、この7,397円が0円になります。もちろん、30日以内にお金を全額返済すれば、1円の利息も発生しません。 無利息期間の利用の仕方によっては、低金利どころか『無金利(無利子)』で借りれるのが、カードローンの無利息サービスです。

無利息がある消費者金融で人気があるのは、次の4つのサービスです。
  • 1.プロミス:30日間無利息
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 2.アコム:30日間金利0円サービス
  • 3.アイフル:30日間利息0円サービス
  • 4.新生銀行レイク:選べる2つの無利息サービス

プロミスの30日間無利息は、「初回借入日」から無利息期間が始まる点に特徴があります。他の無利息では、「契約日」から期間を計算しますので注意が必要です。その点、プロミスはとりあえず申し込んでおく、という使い方も可能です。 レイクは銀行カードローンになりますが、「30日間無利息」と「5万円まで180日間無利息」があり、どちらか有利になる法を選べるのが特徴です。 他にもノーローンの何度も利用できる「1週間無利息」などもありますので、自分に合った無利息を選ぶのもいいかもしれませんね。

日本政策金融公庫の教育ローンを賢く利用しよう!

日本政策金融公庫の教育ローンは、簡単にいうなら『国の教育ローン』です。最高350万円まで(海外留学資金は最高450万円)の融資が受けられ、年率1.90%の低金利ローンとなっています。 まず、日本政策金融公庫の教育ローンを利用できるのは、扶養している子供の人数に対する、世帯年収の要件を満たしている必要があります。
子供の人数 世帯年収(事業所得者)の上限額
1人 790万(590万)
2人 890万(680万)
3人 990万(770万)
4人 1,090万(860万)
5人 1,190万(960万)

また、融資の対象となっている「学校」については
  • 大学、大学院(法科大学院などの専門職大学院を含む。)、短期大学
  • 専修学校、各種学校、予備校、デザイン学校
  • 高等学校、高等専門学校、特別支援学校の高等部
  • 外国の高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院(原則6ヵ月以上の留学に限る。)
  • その他職業能力開発校などの教育施設など
となっていますので、小学校や中学校の教育ローンとしては利用できません。 しかし、日本政策金融公庫の教育ローンで借り入れしたお金は、学校納付金だけでなく、受験費用や住居費用(アパート等の敷金・家賃など)、教科書代など、比較的に幅広い目的に利用できます。 金利も年1.90%(固定金利)と低金利で、審査結果の回答までは約10日間、お金の受け取りまでは約20日程度となります。世帯年収200万円以下の方には、特別な優遇制度もありますので、教育を目的とするお金なら、一度、日本政策金融公庫の教育ローンについて調べてみてはいかがでしょうか。

今すぐ借りたい バレずに借りたい 低金利で借りたい

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

無利息で借りる方法 収入証明書なしで借りたい 女性向けカードローン

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる

詳しくはこちら>>

女性向けカードローン特集

詳しくはこちら>>

専業主婦向けカードローン おまとめローン 銀行から借りたい

女性でも安心


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>

銀行系で借りれる


詳しくはこちら>>

今すぐ借りたい バレずに借りたい

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

低金利で借りたい 無利息で借りたい

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書なしで借りたい 専業主婦でも借りたい

収入証明書不要で借りれる


詳しくはこちら>>

主婦向け特集


詳しくはこちら>>

女性向けカードローン おまとめローン

女性でも安心


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>