市役所からお金借りる

学生(20歳以上)のお金借りる方法

学生

学生

学生だからといって、お金を借りるのが難しいということはありません。基本的には、学生でも20歳以上でアルバイト収入があれば、社会人と同じようにカードローンに申し込むことができます。ただし、即日融資を希望していたり、高額融資を希望する学生は、それなりの準備とカードローンの選び方がポイントになります。

\即日融資も可能/
学生でも今すぐ借りれるカードローン

※当サイトおすすめ順でご案内しています。

最短即日

◎アコムの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社
お金を借りるならアコムが断然オススメ!三菱UFJフィナンシャルグループなので、はじめてお金を借りるという方も安心のカードローンです!男女問わず、多くの方に利用されています。
\最短1時間で融資可能!30日間の金利0円!/
アコム公式サイトへ
アコムの公式サイトへ

カードレス

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 三井住友フィナンシャルグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
WEB完結なら、全ての申込みがWEBで完結します。しかし、何かわからないことがあれば、電話でオペレーターが丁寧に対応してくれます。女性のオペレーターが対応してくれるプロミスレディースは、男性でも利用できる人気のサービスです。女性オペレーターのプロミスレディースをご希望の方はこちらです。

↓※男性の方もご利用頂けます。↓
プロミスレディースの詳細はこちら>>

\今すぐ借りたいならプロミス!30日間金利0円!/
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

アイフル

◎アイフルの基本情報
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 アイフル株式会社

アイフルの公式サイトへ
アイフルの公式サイトへ

目次

学生の人がお金を借りるにあたって気をつけること

まず、アルバイト収入の4ヶ月分(年間収入の3分の1)以上のお金を借りたいときは、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを選びます。消費者金融は、総量規制というものがあり、融資の上限額が年収の3分の1までに制限されているからです。

また、消費者金融では、希望している金額が50万円を超えている(または、消費者金融の借入額の合計が100万円を超える)ときは、自分の収入を証明する書類が必要になります。アルバイト先から受け取った「源泉徴収票」、あるいは、「納税証明書」を用意してから申込むことになります。 つまり、学生かどうかに関係なく、消費者金融のカードローンが利用できるのは
  • 1.希望額が年収の3分の1以下
  • 2.収入証明書が必要ない希望額(あるいは、必要でも用意できる)
の2つの条件を満たしているときです。

上の2つの条件を満たしていない学生は、銀行のカードローンを利用してお金を借ります。銀行は、独自の基準で「融資上限額」と「収入証明書を提出するとき」を決めていますが、消費者金融よりも条件が優しいことがほとんどです。

年収の3分の1という制約がなく、最高で「希望額が300万円までは収入証明書不要」というものもありますので、自分の状況に応じて、銀行カードローンを選べばよいことになります。また、学生向けに特化した「学生ローン」もありますが、中小の消費者金融のサービスであることがほとんどです。まずは大手の消費者金融か銀行カードローンの利用を検討し、最後に学生ローンを調べてみる、という流れでローンを選ぶのがおすすめです。

大学生でも未成年だとお金を借りれない?

未成年の学生は、基本的には、カードローンに申込むことができません。カードローンの契約は、法律上の「法律行為」になります。未成年者が行った法律行為は、保護者(親)によって、後から取り消せるようになっています。

融資をする金融機関の立場で見ると、「いつ、学生の親が介入して契約を取り消されるか分からない」というリスクがあります。そのため、学生の親の同意を必要とするローンはありますが、未成年の学生が自分だけの責任で融資を受けるのは、難しいと思ってください。

学生が審査に通る重要なポイント

学生がカードローンの審査に通るポイントとしては
  • 1.定期的なアルバイト収入があること
  • 2.20歳以上であること
  • 3.希望額を必要最小限にとどめること
  • 4.審査項目にウソがないこと
の4つがあります。

まず、アルバイト収入の多い少ないに関係なく、定期的な収入があることが重要です。アルバイト収入がなければ、総量規制がある消費者金融が利用できないはもちろん、銀行カードローンでも、専業主婦でなければ、収入0では申し込めません。アルバイト勤務期間についても、できれば半年以上あるのが理想です。

また、申込条件が20歳以上というのは、上で説明した通りですが、希望額は、必要最小限にとどめるようにします。カードローンの限度額は、利用中に上がることもありますので、まずは、カード発行を優先して申込むのがおすすめです。

最後に、カードローンの審査項目の入力は、すべて正確でなければなりません。お勤め先の名称や住所が正確であるのはもちろん、別会社のローンの残高についても正直に伝えます。他社借入額や借入件数などで嘘をつく人もいますが、審査に落ちるだけですので、絶対にしないようにしてください。

これらの4つのポイントを押さえておけば、学生でもカードローンでお金を借りれる可能性が高くなります。

キャッシングやローンが就活や内定にどう影響する?

キャッシングしたことが就職活動の内定に影響する心配はありません。ただし、カードローンでお金を借りて、返済が困難になってしまうと、就職後の業務に影響してしまうことがあります。

カードローンの返済を延滞した状態で、カードローン会社からの携帯への連絡に出ないでいると
  • 1.勤務先に電話連絡が頻繁に入る
  • 2.給与差押えなどの法的手続きが取られる
ということがないわけではありません。

しっかりと計画どおりに返済していれば、就職活動後も問題ありませんが、返済できなくなってしまうと、業務に支障をきたすことがあります。このようなことが起きないためにも
  • 1.無理のある借入れはしない
  • 2.返済シミュレーションを利用する
  • 3.毎月の返済額を多めに計画する
という点が重要になります。

カードローン会社のホームページには、希望額や毎月の返済額などを入力すると、返済期間や利息の負担の大きさが分かる「返済シミュレーション」というものがあります。「返済がいつまで続くのか?」「利息の負担額はどれくらいか?」ということが分かるようになりますので、必ずシミュレーションを利用してからお金を借りるようにしましょう。

学生ローンとキャッシングの違いを解説

学生ローンとキャッシングは、ほぼ同じ意味合いで使用されていますが、正確な定義となると、若干、異なります。まず、学生ローンというのは、学生本人だけを対象とする消費者金融のサービスのことです。銀行も学生の教育目的に使用するお金を融資していますが、この場合は「教育ローン」という言い方をします。つまり、学生だけを対象に、学生の責任で融資しているのが「学生ローン」というものになります。

次に、キャッシングというのは、辞書できない意味では「融資(cashing)」を意味します。融資は、お金が必要な人にお金を貸す行為のことですので、「キャッシング=お金を借りること」と考えられます。

学生がキャッシングする際は
  • 1.借入後の返済を考えること
  • 2.やむを得ない場合を除き、利用しない
  • 3.返済額以上の返済をすること
に注意してください。

まず、生活費が不足するからキャッシングする、という場合は、借入後の生活費のやり繰りが今より厳しくなる、という点に注意してください。お金を借りたあとは、毎月、返済をすることになりますので、「今の生活費+ローンの返済額」が必要になるからです。無駄な支出を減らさないといけないのはもちろん、アルバイトを増やすなどの努力も必要です。

また、遊ぶためのお金、ギャンブルなどを目的に考えている学生は、キャッシングには向いていません。一般的なローンよりも高金利になっていますので、そのような利用を続けていると、いずれ返済できなくなります。誰が考えてもやむを得ない、という事情がない限りは、今の状況を辛抱することが大切です。

最後に、カードローンなどの返済額は「約定返済額」というものですが、これは、あくまでも「最低限、入金すれば不履行にならない金額」のことです。金融機関が設定する約定返済額だけの返済では、返済期間が長期間に及び、利息の負担も大きくなります。

カードローンで返済額を決めるのは、あなた自身です。自分の計画に基づいて、強い意志で返済できれば、お金を借りても失敗するようなことはありません。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています

キャッシング・カードローンの申込方法

キャッシング・カードローンの申込は、インターネットを利用すれば24時間365日申込可能です。こちらの記事では、具体的な申込み方法と審査落ちしないために気をつけることをお伝えしています。

在籍確認とは?

キャッシング・。カードローンの審査項目に『在籍確認』というものがあります。在籍確認は具体的にどんなことが行われるのかお伝えしています。