総量規制対象外,お金借りる

現在、総量規制対象外というルールが見直され始めています。銀行では、年収の3分の1以上の借り入れが可能だとして、消費者金融でお金を借りることができなかった人が銀行に流れているというケースが多く、問題視されることが多くなりました。こうした問題は国会でも取り上げられ、各銀行は、『自主的な規制』を求められ、金融庁なども各銀行の動向に注目しています。これからは、銀行カードローンの審査が厳しくなることが予想されます。以下、毎日新聞の記事の引用です。
銀行の個人向けカードローンの残高が急増し、過剰融資を懸念する声が強まっている。消費者金融並みの高金利である一方、貸金業法で定められた融資額の制限(総量規制)が適用されず、多重債務対策の抜け穴になりかねないためだ。銀行業界は3月に融資審査の強化を申し合わせたが、「自主規制でどこまで効果があがるのか」と厳しい視線が注がれている。【小原擁】

 銀行のカードローンの残高は、貸金業法改正で貸金業者に「年収3分の1まで」との総量規制が導入された2010年6月以降、急速に増加。16年末は5兆4377億円で、10年3月末比65%も膨らんだ。特に日銀が大規模金融緩和を始めた13年以降、各行は高い金利を得られるカードローンをこぞって強化。一部地銀にとっては主力商品に成長した。

 だが、急増するカードローンは「新たな多重債務の温床」との批判が強まっている。日本弁護士連合会が昨年6~7月にカードローン利用者を対象に実施したアンケート(153件)によると、貸金業者と銀行の合計借入額が年収の3分の1を超えていたケースは、約6割の95件に達した。さらに16年の自己破産申立件数は前年比1・2%増の約6万4600件で13年ぶりに増加に転じており、日弁連は「カードローン増加が影響している可能性が高い」と指摘する。このため日弁連は昨年9月、「借り手保護の観点から、銀行カードローンも総量規制すべきだ」との意見書を公表した。

 聖学院大政治経済学部の柴田武男教授は「実態は消費者金融と変わらないのに、銀行から借りることで利用者の抵抗感が減り、むしろ多重債務者を増やすことにもなりかねない」と問題点を指摘する。

 こうした声を受け、全国銀行協会は3月、各行が広告宣伝や審査体制を自己点検し、見直すと申し合わせた。小山田隆会長(三菱東京UFJ銀行頭取)は3日の記者会見で、「申し合わせを実効性のあるものにしたい」と強調。一方、総量規制に関しては「一律、機械的にというのはなかなか難しい」と慎重な姿勢を示した。金融庁も「自主規制の効果を注視する」として現時点では静観の構えだ。

 日弁連多重債務問題検討ワーキンググループの三上理(おさむ)事務局長は「マイナス金利で銀行の収益環境が厳しい中、高利の銀行カードローンの貸し出しが申し合わせだけで減るとは考えにくい。制度の見直しが必要だ」と指摘する。 参照:毎日新聞:膨張 「過剰融資」懸念広がる 総量規制適用外


これ以下の記事は、情報が古くなっております。2017年4月28日現在、以下のとおりでない場合がありますので、ご注意ください。また、以下の情報に関しては一切の責任を負いかねます。
 

銀行でお金借りたい!総量規制対象外のカードローン

このページでは、銀行のカードローンを紹介します。銀行は総量規制対象外なので、年収の3分の1以上の借入が可能です。
※総量規制とは?
貸付できる上限額を年収の3分の1までにするという、貸金業法の仕組みのことです。年収300万円の人なら、法律によって100万円が融資の上限額になる、という意味です。
※逆に、総量規制対象外とは?
年収の3分の1超の借入れができるカードローンです。高額な融資に対応できるのはもちろん、お勤めをしていない専業主婦(主夫)が利用できる場合があるのも特徴です。 なお、高額融資になるからといって、必ずしも即日融資ができないわけではありません。

銀行カードローンは総量規制対象外となる訳とは?

総量規制は、貸金業法という法律にある仕組みのことだと説明しました。

貸金業法は、貸金業者、つまり、
  • 消費者金融会社
  • クレジットカード会社
  • 信販会社
  • 保証会社
などを取り締まるための法律です。

ポイントとなるのは、貸金業者に銀行が含まれていないということです。銀行は、銀行法などの規制を受けてサービスを提供していますが、貸金業法の規制は受けていないということです。そして、銀行を取り締まる法律には、融資の上限額に関する規定がありません。

つまり、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは「年収の3分の1まで」という規制がありますが、銀行は、ローンの審査によって年収の3分の1超の融資も可能だということです。 総量規制対象外かどうかは、「銀行カードローンかどうか?」という点で判断できるようになっています。

総量規制対象外の特徴まとめ

総量規制対象外でも即日融資は可能なのか?

総量規制対象外は、年収の3分の1を超える、高額融資に対応できるカードローンです。「たくさんのお金を借りるので、審査に時間がかかるのでは?」と思われるかもしれませんが、即日融資に対応できる金融機関もあります。

即日融資に対応できるかどうかは
  • 1.自動契約機が用意されているか?
  • 2.口座不要でお金が借りれるか?
  • 3.審査結果の回答連絡が当日中に受けられるか?
などで判断します。

※自動契約機が用意されていれば即日融資に対応!
まず、自動契約機が用意されているカードローンは、当日中のカード発行を前提としたサービスです。インターネットから申込み、審査結果の回答連絡を受けてから、自動契約機で契約手続きとカード発行をする流れになります。 自動契約機が用意されている金融機関では、概ね30分~1時間程度で審査結果の連絡をしているケースが多くなります。

また、カードローン会社によっては、指定の銀行口座があることが前提となっていることがあります。銀行口座の開設は、郵送を伴う場合があり、時間がかかります。逆に、口座不要で申し込めるカードローンなら、今すぐにでも申込むことができ、審査を始めてもらえます。 審査結果の回答連絡までの目安が「最短30分」「最短即日」としている、総量規制対象外のカードローンを選べば、即日融資の見込みも高くなります。

総量規制の対象とならない借入にはどんなものがあるのか?

総量規制は、年収の3分の1までに制限する、という意味ですが、この「年収の3分の1」の意味は、あくまでも貸金業者からのキャッシング残高のことです。

年収の3分の1に含まれない借入としては
  • クレジットカードのショッピング残高
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • 住宅ローン
  • 割賦代金の売掛残高(分割払いで購入した商品の借入れ)
  • 知人や親兄弟からの借金
  • 銀行カードローンの借入残高
などがあります。

年収の3分の1に含めるかどうかは、「貸金業者からのお金の借入れかどうか?」で判断できます。

総量規制対象外でお金を借りるメリット・デメリット

総量規制対象外カードローンのメリットは、高額融資ができるという点にありますが、それ以外にも
  • 1.収入証明書なしで借りれる金額が多い
  • 2.ATM手数料が無料の場合がある
などもあります。

まず、貸金業法が規制するカードローンでは、
  • 限度額50万円超を希望するとき
  • 他の貸金業者を含めて残高が100万円超となるとき
の2つの場合に収入証明書を提出することになっています。

これに対して、総量規制対象外の銀行カードローンでは、それぞれの銀行が独自の基準で提出を求めています。ほとんどの銀行カードローンは、100万円以下なら収入証明書不要です。最高で「300万円までは収入証明書なし」というカードローンもありますので、書類の用意に時間がかからないメリットがあります。

また、総量規制が影響するカードローンでは、提携ATMを利用する際に一定の手数料が発生します。
取引金額 提携ATMの利用手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

このATM手数料についても、貸金業法の規定によるものですが、総量規制対象外は、それぞれの銀行がATM手数料について決めています。すべてのATM手数料が無料というカードローンもありますので、取引期間が長くなるほどお得になる、ということが分かると思います。

一方、総量規制対象外のカードローンにもデメリットがあるのも事実です。銀行カードローンのデメリットとして考えられるのは、返済額が少ないことがある、審査が難しいことがあるという点です。 まず、銀行カードローンにもよりますが、借入残高に対する返済額が少ない場合があります。返済額の少なさをメリットと考える人もいますが、返済額が少なければ、当然に返済期間が長くなります。 カードローンの返済シミュレーションを試してみると分りますが、返済期間が長くなるほど、金利の負担が大きくなります。消費者金融と比べて金利は低くなる場合が多いですが、返済額が少ないと、消費者金融を上回る金利負担になることもある、という点に注意が必要です。

また、総量規制対象外のカードローンは、消費者金融よりも低金利であることが多くなります。低金利のカードローンで高額融資となると、審査が厳しくなると考えるのが自然です。総量規制対象外は、高額融資も可能なカードローンですが、申込みをする際は、必要最小限の金額に抑えるということも重要になります。

総量規制対象外のキャッシング審査の特徴は?

総量規制対象外のキャッシング審査の特徴は、銀行と保証会社の2つの審査がある点にあります。

たとえば、三井住友銀行カードローンの審査は
  • 三井住友銀行
  • SMBCコンシューマーファイナンス(保証会社)
の2つの審査があります。

2つの審査があるから難しいということはありませんが、審査に時間がかかる場合があります。銀行と保証会社の審査を同時に開始することもあれば、銀行の審査に通過後、保証会社の審査を開始する、という銀行もあるということです。

総量規制対象外カードローンの保証会社について確認しておくのはもちろん、融資までの期間の目安についても把握しておくことが重要です。
カードローン名 保証会社名 融資までの目安
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(株) 最短即日
オリックス銀行カードローン オリックスクレジット(株)
または新生フィナンシャル(株)
約1週間
住信SBIネット銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(株) 最短即日
楽天銀行カードローン 楽天カード株式会社
または株式会社セディナ
最短即日
東京スター銀行カードローン 新生フィナンシャル(株) 最短即日
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックアコム株式会社 最短40分


総量規制対象外で即日融資を受けるにはどうしたらいい?

総量規制対象外カードローンで即日融資を受けるなら、
  • 1.自動契約機があること
  • 2.口座開設不要であること
の2つに注意する必要があります。


●自動契約機があれば即日融資で借りれる!
まず、総量規制対象外で自動契約機があれば、間違いなく即日融資に対応しています。インターネットから申込み、審査の結果連絡を受けたら、自動契約機でカード発行を受けます。 当日中にカードを受取ることができれば、あとは、提携しているコンビニATMなどでお金を借りるだけです。自動契約機がある銀行カードローンは、土日や祝日の審査にも対応していることが多くなります。

●口座開設不要カードローンが基本!
自動契約機がないカードローンを選ぶ場合は、口座開設なしの総量規制対象外を選びます。口座開設が必要になっていると、銀行口座の開設だけで1週間近くかかることもあります。 口座開設が不要で即日振込キャッシングができる銀行カードローンを選べば、当日中の融資の可能性も高くなります。

他にもこんなにメリットがいっぱい!総量規制対象外でお金を借りる!

●専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンを活用!
専業主婦は、総量規制の影響がある消費者金融の利用はできません。総量規制は、融資の上限額を年収の3分の1まで、とするものですが、お勤めをしていない専業主婦は、自分名義の収入がありませんので、必然的に融資の上限額が0円になってしまうからです。 しかし、総量規制対象外カードローンなら、専業主婦への融資も不可能ではありません。専業主婦への融資は、上限を30万円~50万円となっていますが、家計のやりくりをする分には、十分に活用できます。

●高額融資が必要な個人事業主も選んでます!
総量規制対象外の銀行カードローンは、個人事業主や会社代表者にも選ばれています。消費者金融では、50万円超の希望額で収入証明書を提出しますが、銀行カードローンなら最高300万円までは、書類不要で申し込めるサービスがあるからです。 事業目的として借りることはできませんが、迅速にまとまったお金を借りるときは、総量規制対象外が便利です。確定申告書の控えがない場合でも書類不要で申し込めますので、個人事業主でも利用しやすいのが魅力となります。

●おまとめローンの代わりに総量規制対象外を活用!
総量規制対象外は、おまとめ専用ローンの代わりとしても利用されています。おまとめ専用ローンは、借り入れ後の追加融資が受けられませんが、銀行カードローンなら限度額の範囲で自由に借入れできます。 銀行カードローンをおまとめのために利用する方法なら、担保や保証人も不要です。300万円までのおまとめなら収入証明書も必要ありませんので、思いついたときに気軽におまとめできるのもメリットとなります。

●年金受給者も総量規制対象外なら申込みOK!
消費者金融のカードローンでは、「年金収入だけでの申込みは不可」となっていることが多くなりますが、銀行カードローンは、年金収入だけでの申込みを認めるケースが多くなります。 年齢制限の問題はありますが、最高で70歳までの利用を認めるカードローンがありますので、年金受給者にも適したカードローンが選べるのではないでしょうか。

このページのまとめ

総量規制対象外は、銀行カードローンのことです。消費者金融やクレジットカードのキャッシングとは異なり、年収の3分の1を超えるお金も借りれます。 消費者金融と比較して、金利が低い、高額融資が見込める、即日融資も可能、専業主婦も利用可能などの特徴がありますが、返済額が少ない場合がある点に注意が必要です。 毎月の返済額を少なくすぎてしまうと、返済期間が長くなりすぎます。銀行のサイトに「返済シミュレーション」が用意されていますので、事前に返済期間やローンの負担の大きさを確認してから申込むのがおすすめです。

【体験談】総量規制対象外でお金を借りることができました!

●専業主婦でも旦那にバレずにお金を借りれました!
どうしても家賃の支払いに間に合わなそうだったので、ソニー銀行カードローンでお金を借りました。最初は、「仕事もしていないのに、お金なんて借りれるわけがない!」と思っていましたが、意外とすんなりと借りれてしまいました。 お金が借りれて嬉しかったのはもちろんですが、旦那にバレなかったのが本当に良かったです。申込みから1週間くらいでカードが届きましたが、旦那が仕事で留守だったのでバレませんでした!旦那の勤務先に電話が入ることもなかったので、最後まで内緒にできそうです!

●年収の半分近くのお金を借りれました!
消費者金融の借金が膨らんでしまい、どうしようかと思っていましたが、銀行カードローンでローンのおまとめができました。クレジットカードのリボ払いの残高もあったので、年収400万円程なのに限度額200万円を希望し、希望どおりの限度額でカードが作れました。 これからの返済のことを考えると少し憂うつですが、毎月の返済回数、返済額が大幅に減ったので、なんとか頑張ろうと思います!

●三井住友銀行カードローンでお金を借りました!
化粧品の販売代理店をしている個人事業主です。仕事の資金繰りと家計のやりくりのために、三井住友銀行カードローンに申込んでみました。個人事業主は、審査が難しいと聞いていましたが、以前から「好きなタイミングで融資が受けられる」というカードローンに興味がありました。今すぐお金が必要というわけではありませんが、家計が逼迫したときのためにと思い、少し早めに申込みを決意しました。 審査の結果は、「限度額100万円まで」とのことでしたが、私にとっては十分すぎる金額です。審査もあっという間に終わり、約1時間でカードが受け取れたのには、本当にびっくりしました!

●オリックス銀行カードローンで借りれました!
自動車の車検費用をどうしようかと、ずっと悩んでいましたが、思い切ってオリックス銀行カードローンに申込んでみました。 オリックス銀行を選んだのは、やはり、総量規制の対象外だったからです。私には、毎月10万円ほどのパート収入しかありませんでしたので、消費者金融は難しいかな・・・と感じていました。オリックス銀行のカードローンは、少し金利が高めですが、「金利が高ければ、私にも借りれるかも?」と思い、申込んだのがよかったのかな~と思います。 限度額は20万円まででしたが、これで、なんとか車検費用を用意できるので、本当に感謝しています。

今すぐ借りたい バレずに借りたい 低金利で借りたい

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

無利息で借りる方法 収入証明書なしで借りたい 女性向けカードローン

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる

詳しくはこちら>>

女性向けカードローン特集

詳しくはこちら>>

専業主婦向けカードローン おまとめローン 銀行から借りたい

女性でも安心


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>

銀行系で借りれる


詳しくはこちら>>

今すぐ借りたい バレずに借りたい

今すぐ借りたい


詳しくはこちら>>

バレずに借りれる


詳しくはこちら>>

低金利で借りたい 無利息で借りたい

低金利キャッシング


詳しくはこちら>>

無利息キャッシング


詳しくはこちら>>

収入証明書なしで借りたい 専業主婦でも借りたい

収入証明書不要で借りれる


詳しくはこちら>>

主婦向け特集


詳しくはこちら>>

女性向けカードローン おまとめローン

女性でも安心


詳しくはこちら>>

既に借入がある方


詳しくはこちら>>